スルガ銀行住宅ローン

スルガ銀行住宅ローンで必要な諸費用をシミュレーションしてみました!

こちらでは、

 

スルガ銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅を購入する際には、いろいろな手続を行いますが、それらの中には有料のものもあります。

 

また、住宅ローンを組む場合にも、いろいろな費用が必要になります。

 

それらの費用のことを諸費用と呼びますが、購入する住宅が高額であれば、諸費用も高額になりがちです。

 

また、利用する金融機関や住宅ローンの種類によっても諸費用が変わる場合が多いので、ある程度正確に諸費用を把握しておかないと、住宅ローンの資金計画に影響を与える可能性もあります。

 

 

金融機関によっては、住宅ローンのシミュレーションをWEBサイトで提供していて、毎月の返済額などを見積もることができますが、付随して諸費用も概算値を示してくれるところがあります。

 

残念ながらスルガ銀行のWEBサイトでは、月々の返済額などをシミュレーションすることはできますが、諸費用をまとめて概算してくれるサービスは提供されていないようです。

 

そこで、ローン商品説明書などから、スルガ銀行の住宅ローンで必要になると思われる諸費用を概算してみます。

 

 

モデルケースとして、

 

借り入れ金額を3000万円、返済期間を35年、ボーナス時加算なし

 

とした場合を仮定します。

 

住宅ローンは最も一般的だと思われるスルガ住宅ローン(変動金利型)を選択したと仮定しました。

 

 

 

登録免許税・司法書士報酬

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行いますが、登記の際に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4ですから、モデルケースの場合には12万円が必要です。

 

また、登記を行う際に、司法書士が手続きを代行します。

 

一般的には、スルガ銀行が指定する司法書士を利用することが多いと思います。

 

司法書士報酬は一律に決まっていませんが、数万円程度が必要になるものと思われます。

 

 

収入印紙

 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

取扱手数料

 

住宅ローンの取扱手数料として3万1500円を支払う必要があります。

 

 

保証料

 

スルガ・キャピタル(株)、または、スルガ総合保険(株)の保証を受ける必要があります。

 

保証料は担保の査定額と融資金額との比率によって変わります。

 

融資金額が概ね担保査定額の80%未満の場合、100万円あたり2万5579円なので、3000万円の場合、76万7370円となります。

 

 

司法書士報酬を仮に3万円と見積もった場合、上記の諸費用を合計すると、96万8870円となります。

 

 

住宅ローン減税のことご存知ですか?

 

住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】
⇒ 住宅ローンを組んだ方は、住宅ローン減税の申込みも忘れずにしておきましょう。2013年で終了するはずでしたが、4年間延長されることになりました。このことで場合によっては数百万円分の控除が受けられる可能性があります。

〔上記サイトから抜粋〕
住宅ローンを購入すると、大幅な減税効果があることを知っていましたか?
住宅ローン減税とは、国が打ち出した景気対策の一つです。一戸建てもしくはマンションなどの不動産物件を購入した人限定に、一定期間の間所得税から控除できるというもの。

〜中略〜

床面積50平方メートル以上の住宅を購入した方、もしくは増改築などのリフォームを行った方を対象とした減税です。なお、減税対象は、新築住宅、中古住宅問わずその対象となります。


www.genzeijyutaku.com/